top of page
練馬東青色申告会

青色申告会は、個人事業者を中心につくられた団体です。
開業されたときはもちろん、「お店を始めたけれど、どうやって帳簿をつけたらいいのかわからない」「会計ソフトで帳簿をつけたい」など、日々の記帳から決算の方法まで個人事業主様個別にご相談いただけます。

申告会からのお知らせ
申告会からのお知らせ

源泉所得税の納付手続きは、7月10日(水)が期限です。

従業員や青色事業専従者がいる個人事業主の方は、1月~6月分の給与に係る源泉所得税を納税する必要があります。

また納付する源泉所得税がない(0円)の場合であっても手続きが必要になります。

 

本年は定額減税制度(申告会からのお知らせ② 参照)がございますので、源泉所得税のお手続きが複雑になっております。

この件についてもご説明しておりますので、ご都合の良い下記の会場へお越しください。

表.jpg

※青色申告会事務局(練馬区栄町22-15)では、下記の営業時間内で源泉所得税の納付手続きを行っております。

 ご都合のよろしい日時でご来場ください。(来場予約は不要です。)

事務局営業時間: 月曜日~金曜日(土日、祝日を除く) 相談受付時間は午前10時~午後4時まで。

申告会からのお知らせ2.png

定額減税制度が実施されます

(定額減税制度とは)

令和6年度の税制改正に伴い、

令和6年分の所得税について、定額による所得税額の特別控除(定額減税)30,000円、

令和6年分の個人住民税について、定額による個人住民税所得割の特別控除(定額減税)10,000円

合計40,000円(1人当たり)が減税されることとなりました。

(対象となる方)

令和6年分所得税について、定額による所得税額の特別控除の適用を受けることができる方は、

令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年分の所得税に係る合計所得金額が1,805万円以下である方です。

(給与収入のみの方の場合、給与収入が2,000万円以下(注)である方)

(定額減税額)

定額減税の額(所得税)は、次の金額の合計額です。

ただし、その合計額がその人の所得税額を超える場合には、その所得税額が限度となります。

  1. 本人(居住者に限ります。)30,000円

  2. 同一生計配偶者または扶養親族 (いずれも居住者に限ります。)がいる場合 1人につき30,000

(定額減税の実施方法)

★給与所得者(サラリーマン、アルバイト、パート、青色事業専従者)

令和6年6月1日以後に支払われる給与等から源泉徴収される所得税及び復興特別所得税から定額減税が控除されます。

定額減税を控除しても控除しきれない定額減税の金額がある場合は、6月以降、令和6年中に支払われる給与や賞与から源泉徴収される所得税より順次控除されます。

 

★年金所得者

令和6年6月1日以後支払われる公的年金等(確定給付企業年金法の規定に基づいて支払われる年金等を除きます。)から源泉徴収される所得税等から定額減税が控除されます。

定額減税を控除しても控除しきれない定額減税の金額がある場合は、6月以降、令和6年中に支払われる公的年金等から源泉徴収される所得税から順次控除されます。

★事業所得者

原則として、令和6年分の所得税の確定申告(令和7年1月以降)の際に所得税の額から定額減税が控除されます。
予定納税の対象となる方については、確定申告での控除を待たずに、令和6年6月以後に通知される、令和6年分の所得税に係る第1期分予定納税額から本人分に係る定額減税が控除されます。

 

なお、ご自身の所得区分に応じて定額減税が実施されますが、詳細につきましては税務署、税理士または青色申告会までお尋ねください。

講習会・行事詳細カレンダー

講習会・行事カレンダー

新着情報

新着情報

bottom of page